餞別 書き方 連名

餞別を連名で渡す際ののしの書き方

スポンサードリンク

 餞別とは引越し、異動、転勤、退職、旅行などをする相手に対して贈る金品のことをさし、はなむけとも言われています。
餞別を渡す場合にも金額の相場や使用するのし、のしの書き方などさまざまなマナーが存在するため注意が必要です。
まずのしは基本的には紅白の蝶結びの水引きがついている物を使用します。
ただし結婚に関係する場合には紅白の結び切りの水引がついたものを使います。
表書きは上段に御餞別、下段に贈り主の名前を書くのが基本的です。
ただし贈る相手が上司の場合には注意が必要です。
これは会社や職場において目上の方に個人で餞別を贈るのは失礼とされているためです。
部署名などで連名で贈るのなら問題はありませんが、個人で贈る場合にはおはなむけという表書きを使用します。
基本的には上記の形式となりますが相手との関係性や、どのような場面で餞別を贈るのか、連名で贈る場合には夫婦での連名なのか、職場の部署などでの連名なのかによってのしの書き方は変わってくるので気を付けましょう。

スポンサードリンク

餞別を贈る場合にも金額の相場や使用するのし、のしの書き方などのマナーが存在します。
マナー違反があっては相手に不快な思いをさせてしまったり、その後の人間関係において支障があったりする可能性もあるため餞別を贈る場合には金額の相場やのしの書き方などのマナーに注意しましょう。
のしの書き方として上段に御餞別、おはなむけなどと書き、下段に贈り主の氏名または姓を書くのが基本的な書き方となります。
連名の場合には職場でまとめるなら部署名を書きます。
3名で連名で贈る場合には同じ立場の3人なら中心・左・右に対象になるようにバランス良く配置します。
上司や年長者などと一緒の場合には、中心に最も格上のもしくは年長者の氏名を書き、二番目の人はその左に、三番目の人は最も左に書きます。
4名以上の連名の場合には部署名などのグループの名称を、グループの名称がないのなら代表者の氏名を中心に書きその左に控えめにその他の人の人数を書き添えましょう。
これが連名で贈る場合の基本的な書き方となります。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加