餞別を贈る際の表書きの書き方について

スポンサードリンク

 退職する人や転勤する人に、個人またはグループで餞別を渡すことがしばしばあります。
のし袋がない場合は普通の封筒を使ってもかまいませんが、どうしても手抜き感が否めませんので、紅白の水引きがついたご祝儀袋を用いるのが望ましいです。
ご祝儀袋はコンビニ等で簡単に入手することができますから、よほど時間的な余裕がない場合を除き、ちゃんとしたご祝儀袋を用意するようにした方がよいです。
ちなみに、水引きの形は結び切りの「蝶結び」もしくは「あわじ結び」になります。
最初から「御餞別」という文字が印刷されているのし袋もありますが、何も印刷されていないのし袋や封筒を使用する場合は、自分で表書きをすることになります。
表書きの書き方がよくわからない、自信がないという人が少なくありませんが、ポイントさえ押さえてしまえば割りと簡単です。
なお、表書きの書き方以前の問題として、表書きに使用する筆記用具の問題があります。
筆や筆ペンで書くのがマナーですが、サインペンでも良しとされています。
ただし、ボールペンや万年筆で書くことはマナー違反にあたります。

スポンサードリンク

 さて、のし袋の表書きの書き方ですが、上段と下段に分けて書き方を考えてみる必要があります。
上段には、金銭を贈る目的を表現する言葉を書きます。
一番無難なのは「御餞別」という言葉ですが、「御餞別」という書き方が失礼にあたるケースもありますので、要注意です。
具体的にはどのような場合に「御餞別」という書き方を避ける必要があるのかというと、個人が自分よりも目上の人に対して餞別を贈る場合です。
この場合は「おはなむけ」や「御礼」という書き方をするのが望ましいです。
ちなみに、自分よりも目下の人に贈る場合は、「御餞別」という表書きだけでなく「寸志」という表書きも使用することができます。
一方、のし袋の下段には、贈り主の名前を書くことになっています。
個人で贈る場合と連名やグループで贈る場合とでは名前の書き方が少々違ってきますので、注意する必要があります。
個人で贈る場合は、下段中央に姓またはフルネームを大きく書きます。
友人と組んで2人で餞別を贈る場合は、左右対称になる位置に2人の名前をバランスよく書くようにします。
しかし、上司と部下、夫と妻といった立場の2人が連名で餞別を贈る場合は、中央に上司や夫の名前を書き、その左側に部下や妻の名前を書くことになります。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加