餞別 のし 書き方

餞別を贈る場合ののしの書き方

スポンサードリンク

 餞別とは引越し・移動・転勤・退職・旅行などをする相手に対して贈る金品のことをさしており、はなむけとも言われます。
餞別を贈る場合にものしの書き方や金額の相場などのマナーが存在するため、事前に把握してマナー違反をして相手に不快な思いをさせないように注意しましょう。
また会社職場において目上の相手に対して個人の名前で餞別を贈るのは失礼にあたるため気を付けましょう。
部署名で贈る場合には問題はありません。
もしも個人で贈るのならおはなむけという書き方を使いましょう。
それから餞別の際に使用するのしは基本的には紅白の蝶結びの水引きがついたのしを使用します。
新婚旅行に行く相手などに渡す場合には紅白の結び切りの水引きが付いたのしを使いましょう。
書き方としては上段に御餞別、おはなむけなどと書き、下段には贈り主の名前を書きます。
これが基本的な書き方となりますが、渡す相手との関係性や連名で贈る場合、どのような場面で渡すのかによっても書き方が違うため事前にしっかりとマナーを調べておきましょう。

スポンサードリンク

引越しや旅行、上司や部下や同僚の移動や転勤などの際に贈る餞別です。
餞別を贈る際にも使用するのし袋の種類や書き方、金額の相場などのマナーが存在するため注意が必要です。
まず使用するのし袋ですが餞別の際には基本的には紅白の蝶結びの水引きがついたのし袋を使います。
ただし結婚に関係するものの場合には紅白の結び切りの水引きがついたものを使用しましょう。
上段の書き方はどのような場面で渡すのか、目上の方に個人で贈る場合などによって違います。
目上の方に贈る場合には御餞別という言葉を使うと失礼になってしまうため、もし個人で贈る場合にはおはなむけという言葉を使いましょう。
下段には送り主の名前を書きます。
1人で贈る場合には姓のみかフルネームを中央にバランスよく書きましょう。
連名で贈る場合には立場や人数によって書き方が異なるため気を付けましょう。
このようにさまざまなマナーが存在するため、事前に情報を調べて状況に応じて正しい方法で贈るようにしましょう。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加