餞別の金額の書き方について

スポンサードリンク

 社会人になると、餞別を贈る機会がしばしば発生します。
仲良くお付き合いしていたご近所の方が遠方に引っ越すことになったとか、親戚の子供が留学することになった、同じ職場で働いていた人が退職することになったなど、様々なシーンが考えられます。
餞別を贈るという行為は、他人との良好な関係を維持し続けていくための有効な手段の1つですから、ケチケチせずに贈るべき時はキチンと贈っておくのが得策です。
金額の書き方がよくわからないという人が時折いますが、慣れてしまえばそれほど難しいことではありません。
金額の書き方の基本は、漢数字を使って書くことです。
餞別の金額の書き方は縦書きが原則ですが、縦に金額を書く時にアラビア数字を使用すると、とても見にくくなってしまいます。
数字を縦書きにする場合は、漢数字を用いるのが正しい金額の書き方です。
これは、餞別を贈るシーン以外にも共通する原則ですので、一社会人として覚えておくのが望ましいです。
また、金額の前には「金」という文字を、金額の後には「也」という文字を加えるのが、正しい金額の書き方です。
たとえば餞別として1万円を贈る場合であるならば、「金壱萬円也」とするのが正しい金額の書き方になります。

スポンサードリンク

 漢数字を使って金額を書くことの他にも、注意すべき点がいくつかあります。
それは、金額を書く場所と、連名で餞別を贈る場合の金額の書き方です。
祝儀袋の裏側に金額を記入する人がたまにいますが、祝儀袋の裏側には何も書かず、中袋の表側中央に縦書きで金額を書いておくのが正しい書き方です。
たとえ祝儀袋の裏側に金額を記入したとしても、それが重大なマナー違反行為に該当するわけではありませんが、そこには書かずに中袋にだけ書いておくのがベストです。
一方、連名で餞別を贈る場合は、中袋には合計金額を書き、細かな内訳は別紙に記入して添えておくというやり方が一般的です。
3名で連名にした場合であれば、わざわざ別紙を付けなくても、中袋の裏側に各々の氏名・住所・金額を書いておくというやり方で済ませることができます。
しかし、4名以上の場合は別紙を添付しておくのが望ましいです。
なぜかというと、そうした方が見やすくなるからです。
餞別を受け取った人が整理する都合がありますので、それに対する心配りも必要になります。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加