餞別 相場 旅行

旅行する相手に贈る餞別の相場と熨斗袋の書き方

スポンサードリンク

旅行する相手に餞別を贈る場合、旅行の目的や行先、個人で贈るか複数で贈るかなどの条件によって贈る金額の相場は大きく異なります。
例えば、海外旅行に行く相手に個人で贈る場合は5,000円から30,000円程度が相場になりますし、複数で贈る場合は500円から3,000円程度が相場になります。
また、新婚旅行に行く相手に個人で贈る場合は3,000円から50,000程度が相場になりますし、複数で贈る場合は500円から3,000円程度が相場になります。
それに、修学旅行に行く相手に個人で贈る場合は3,000円から5,000円程度が相場になりますし、複数で贈る場合は数百円から3,000円程度が相場になります。
餞別の金額の相場は相手との関係の深さや贈る側の年齢、社会的立場などによっても変わりますが、基本的に贈る側の無理にならない程度の金額にすることが大切です。
また、経済的に余裕があるとしてもあまりに高額の餞別を贈ると相手に余計な気を使わせてしまうので、なるべく相場の範囲内の金額を贈ることが大切です。

スポンサードリンク

餞別を贈る場合は熨斗袋を使うのが一般的ですが、熨斗袋の選び方と書き方は以下のようにするのがマナーです。
海外旅行に行く相手には紅白の蝶結びの水引がついた熨斗袋を選び、熨斗袋の表書きには御餞別と書くのがマナーです。
ただし、目上の人に個人で贈る場合はおはなむけと書くのがマナーになります。
また、水引の下段には個人で贈る場合は個人名、複数で贈る場合は部署名などを書くのが一般的ですが、同じ会社の相手に贈る場合は会社名を省略しても問題ありません。
新婚旅行に行く相手には紅白の結び切りの水引がついた熨斗袋を選び、熨斗袋の表書きには御餞別かおはなむけと書くのがマナーです。
新婚旅行に行く相手に蝶結びの水引がついた熨斗袋を使うのは失礼になるので注意が必要です。
そして、水引の下段には個人名か部署名などを書くのが一般的です。
修学旅行に行く相手には紅白の蝶結びの水引がついた熨斗袋を選び、熨斗袋の表書きには御餞別と書くのがマナーです。
また、水引の下段には個人で贈る場合は個人名、保護者全体で贈る場合は学年名の後に保護者一同と書くのが一般的です。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加