5000円など餞別の金額相場について

スポンサードリンク

別れのしるしとして、新たな地へ旅立つ人の成功や無事を祈って贈る金品を餞別といいます。
具体的には長い間出張や留学をするときや転勤や退職するときや、引越すときや遠くへ旅行に行くときなどに餞別を渡します。
かつては旅をするときに馬を使っていて、馬の鼻の向いている方向が旅に向かう方向だったので馬のはなむけともいいます。
勤務先の同僚であれば餞別の金額相場は3000円から10000円程度ですが、金額は立場や役職によって異なります。
自分の上司や同期に渡すのであれば3000円から5000円で、部下に渡す場合は5000円から10000円です。
特に同期が転勤する場合は5000円を相場とすることが多く、転勤先が海外でも国内でも大きく相場に変化がありません。
また、非常にお世話になっていた場合は、10000円から20000円程度渡す場合もあります。
そして、数人でお金を出し合って職場単位で渡す場合は、1人当たり1000円から2000円程度が相場になります。

スポンサードリンク

職場単位で餞別を渡す場合に新入社員であれば1人当たり500円から1000円くらいが相場で、パートやアルバイトに対しては無理のない範囲でお金を集めることが大切です。
また、ただの異動では餞別を渡さないで、送別会を開催するという職場も多数存在します。
引越しや長い旅行で知人や友人に餞別を渡す場合の金額相場は、3000円から10000円です。
それほど親しくないけれど渡す場合は3000円程度で、5000円を渡す場合が特に多いです。
また、兄弟姉妹に餞別を渡す場合の金額相場は5000円から10000円になります。
長い旅行に行く場合などに、子供から親や親から子供に餞別を渡す場合の金額相場は10000円から50000円です。
しかし、小学生の修学旅行などであれば3000円から5000円程度になります。
また、近所の人とある程度の交流があった場合に近所の人が引越すと餞別を渡す場合がありますが、2000円から5000円程度が金額相場になります。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加