1000円程度の餞別を贈る際の注意点について

スポンサードリンク

餞別は仕事や家庭の都合などで遠く離れる相手に贈る品物です。
餞別は別れを惜しむと同時に相手の新しい生活を祝う側面もあることから、縁起が良く相手が喜ぶ物を選ぶのが社会的なマナーになります。
また、餞別は受け取った側が気後れしないことも重要なポイントなので極端に高額な物は避けます。
一般的には個人の小遣い程度の金額が相応しいとされているので、消耗品や日用品を贈る際は1000円程度の金額が妥当です。
餞別は急な別れを惜しむ意味合いも含まれているので、ギフトセットのような畏まった製品は事前に準備をしていると見做され、却って失礼になってしまう点を注意します。
1000円程度の餞別を贈る際は日常生活で使う機会が多い消耗品が無難な選択肢になりますが、個人の好みや生活様式を踏まえて慎重に選ぶことを心がけます。
特に会社の同僚やクラスメートなど、顔を合わせる機会が多い人に対しては予め好みの物品などを確認しておくことが失敗せずに餞別を贈るための工夫です。

スポンサードリンク

目上の人に餞別を贈る場合は1000円程度の品物は失礼になると考えがちですが、急な別れを惜しむ贈り物なので高額になり過ぎないことが大切です。
また、1000円程度の金額であれば受け取った側もお返しをする心配が無く、余計な気遣いで悩むことが無いのが大きなメリットです。
そのため、相手との関係を気にせず、贈り物は1000円程度で済ませるのがお互いにリラックスして別れを惜しむための気配りになります。
目上の人に対して贈る1000円ほどの餞別は何度も繰り返して使う日用品が無難とされています。
中高年層の世代になるほど人同士の繋がりを重視する傾向があるため、頻繁に手に取って使う日用品が喜ばれます。
また、記念品や装飾品など常に室内で目に入る物も相手を思い出しやすいことから人気があります。
1000円程度の記念品などはサイズが小さい物が多くなりますが、他には無いオリジナルデザインの一品を選ぶなど、独自の工夫を凝らすことが相手に満足してもらうための心得です。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加