退職される方へ贈る餞別の品の値段はどれくらいか相場か

スポンサードリンク

職場を退職する人に対してこれまでお世話になった感謝の気持ちや新たな旅立ちを応援する気持ちなどをこめて餞別を贈ることがあります。
餞別は現金を贈る場合と品物を贈る場合がありますが、餞別品を贈る場合は値段が10,000円以内のものを選ぶのが一般的です。
ただし、餞別品の値段の相場は退職する相手との関係性によって大きく異なります。
退職する相手が同僚の場合は3,000円から5,000円程度の値段の品を贈るのが一般的ですが、相手が部下の場合は5,000円から10,000円程度の値段の品を贈るのが一般的です。
また、個人ではなく部署や団体でまとめて贈る場合は10,000円から20,000円程度の値段の品を贈るのが一般的とされています。
餞別品の値段が安すぎると相手に失礼ですが、値段が高すぎても相手に余計な気を使わせてしまうのでなるべく相場に合わせた品を贈るようにすることが大切です。
また、餞別はお祝いとは違ってお返しをする必要がないものなので、あまり金額をかける必要はありません。

スポンサードリンク

餞別品の定番といえるのが花ですが、生花は枯れてしまうので人によっては喜ばれないことがあります。
そのため、花を贈る場合はなるべく枯れない花を選んだ方が無難です。
また、相手に特別な気持ちを伝えたい場合は花言葉にも注意して贈る花を選ぶとよいです。
例えば、白ダリアの花言葉は感謝なので、白ダリアを贈れば恥ずかしがり屋な人でも相手に今までお世話になった感謝の気持ちを伝えることができます。
餞別品にスリッパやテーブルクロスなどの実用品を贈るのも喜ばれますが、相手が結婚している場合は奥さんとおそろいの品を贈るのも喜ばれます。
また、相手が退職を機に引越しをする場合は新生活で必要になるものを贈るというのも選択肢の一つになります。
また、人によって好みが分かれるインテリアや装飾品はできるだけ避け、あまり趣味の偏らないものを贈った方が無難です。
また、大きくて場所をとるものは喜ばれないことが多いので、なるべく場所を取らないものを選ぶことが大切です。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加