餞別 お返し のし

餞別のお返しの際ののしについて

スポンサードリンク

 餞別とは結婚や異動・転勤などによる引越しや退職、旅行などをする相手に贈る金品のことです。
餞別を贈る場合にはどのような理由で贈るのか、贈る相手との関係性などによって金額の相場やのしの書き方などが変わってくるため気を付けましょう。
また贈られた側もお返しをすることがマナーとされています。
お返しとして高価なものを贈る必要はありませんが、礼状がお返しとしてあるかないかによって、相手が受ける印象は違いますし、お付き合いするうえでお返しをすることが必要な場合もあります。
餞別のお返しをする場合のマナーとしては、餞別を贈る場合と同じく相手との関係性によってお返しをする時期やのしの書き方などが異なる場合もありますが、基本的には引越し後一か月以内、高額な餞別をいただいた場合には半返しから三分の一程度が金額の相場とされています。
のしは紅白の蝶結びの水引を使用し、表書きは御礼、お礼、粗品などとします。
土地による決まり事などもあるため事前にマナーについて調べましょう。

スポンサードリンク

転居や引越し、移動・転勤・退職・旅行などの際に餞別をいただいた場合にはお返しをすることがマナーとされています。
必要以上にかしこまったり高価なものをお返ししたりする必要はありませんが、お礼状などがあるかないかでは相手が受ける印象は違ってきますし、お付き合いしていくうえでお返しが必要な場合もあります。
そのような場合にはお礼状や品物をマナー違反がないように気を付けて贈りましょう。
まずのしを使用する場合には紅白の蝶結びの水引きののしを使用します。
のしの表書きは御礼、お礼、粗品などとします。
高価なものを餞別としていただいた場合には半分から三分の一程度の金額が相場とされています。
連名でいただいた場合にはお菓子の詰め合わせなどを贈るのが一般的です。
直接会う機会があるのならその時に、そうでないのなら郵送で問題ありません。
お礼状とともに送りましょう。
基本的には上記に書いた方法となりますが、土地の決まり事やいただいた相手などによってはのしの書き方や金額の相場などのマナーは違ってくるため臨機応変に対応しましょう。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加