送別会 餞別品

送別会で渡す餞別品について

スポンサードリンク

 送別会は別れを惜しみつつ、新たな出発やこれからの前途を祝う会です。
送別会の際に餞別品を渡すのなら、今までお世話になった方への感謝の気持ちや激励の気持ちを込め良いスタートをきることができるような餞別品を選びましょう。
たとえばビジネスマンの方への餞別品ならボールペンやネクタイなどがおすすめです。
ボールペンなどの文具類を餞別品として贈るのなら、使い勝手がよく、長く使えるようなものが人気があります。
ほかにも悲しい送別会ではなく涙を見せない楽しい送別会をしたいのなら、面白グッズを贈るというのもおすすめです。
ほかにも名前入りのお酒やボールペン、メッセージギフトや花なども人気があります。
職場の上司、同僚、部下などの相手との関係性や好み、どのような理由での送別会なのかを考慮して餞別品を贈りましょう。
相手に不快な思いをさせてしまったり、気を使わせてしまったりしては意味がないので送別会をする場合には、事前に餞別品についての情報などを調べてマナー違反がないようにしましょう。

スポンサードリンク

送別会で餞別品を贈ることを考えているのなら事前にマナーや喜ばれる品物などの情報を調べておきましょう。
相手に不快な思いをさせてしまったり、気を使わせすぎたりしてしまっては本末転倒です。
必要以上にかしこまる必要はありませんがそれとなくマナーや金額の相場などを気にすることは大切です。
たとえば送別会を開く場合には送り出す人みんなで金額を負担することが多いので、大人数の場合には10000〜20000円程度の品物、一人で渡すのなら3000〜5000円程度が一般的とされています。
送り出す相手との関係性によって臨機応変に対応しましょう。
またあまりに高価なものを贈ってしまうとかえって相手に気を使わせてしまうので注意しましょう。
餞別品として一般的なものはお花、桜モチーフのもの、ハンカチギフト、メッセージ入りのギフトなどがあげられます。
それとは逆に櫛、靴下やスリッパマットなどは餞別品としては失礼という考え方もあるので気を付けましょう。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加