餞別 男性 30代

30代男性への餞別について

スポンサードリンク

 大人になり仕事をするようになると時として、職場の異動を命じられる事等が少なからずあります。
今まで一緒に仕事をしてきた仲間と別れて、また新たな部署で仕事をしていくという経験をした事がある人も少なくないです。
職場の異動は本人のみならず仲間にとっても大きな出来事で、見送り等を行う事になります。
移動等によって職場を去る同僚や上司等に対して行う事の一つとして、餞別を贈るという代表的な事があります。
餞別とはその場を離れていく人に対して何等かの品物等を贈って、今までの感謝やこれからにエールを送るというものになります。
餞別の中身に関しては実に様々となっていて、贈られる人が男性か女性か等によっても異なってきます。
それ以外にも相手が30代なのか60代なのか等によっても異なってくるので、チョイスを間違えるとマナー違反になる事も少なくないです。
そのため贈る相手に不快な思い等をさせないように、餞別の選び方には注意する必要があります。

スポンサードリンク

餞別の具体的な例に関してですが、例えば30代の男性の場合等に迷ってしまうという人も少なくないです。
女性の場合には花束やちょっとした小物等をチョイスしますが、30代の男性となると何が喜ばれるか難しいケースもあります。
30代の男性に品物を贈る場合に一般的にはネクタイや手帳、ベルトや定期入れ等を思い浮かべる人も少なくないです。
ただしこれらの品物は相手の趣味に合った物を贈らないと、せっかく贈っても使ってもらえない可能性も出てきます。
30代の男性に選別を贈る場合に一番間違いがないのが、商品券や図書券等の金券を挙げる事が出来ます。
こうした金券ならば本人が好きな物を購入する事が出来るので、間違いなく使ってもらう事が可能となります。
ちなみに餞別が金券だけでは記念として残らないと考える場合には、仲間がメッセージを書いた寄せ書きの色紙等を添えるのが良いです。
ちなみにビール券を餞別として選択するのは、相手が必ずお酒が飲める人である事が確認出来る時だけにしたほうが良いと言えます。
30代の男性といっても皆がお酒を飲めるわけではないので、この点についてはきちんと配慮する事が大切になります。
また30代の男性に贈る餞別で花束や割れ物、かさ張るものは避けておくのが望ましいと言えます。
これらの品物は持ち帰るのが大変な事も多いので、相手に負担となりやすい事から避けるのがマナーとなっています。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加