引越し 餞別のお返し

引越しと餞別のお返しに関する社会的なマナーについて

スポンサードリンク

 引越しの際に餞別を貰った場合、金額に応じてお返しをするのが社会的なマナーです。
特に親しい友人や目上の人から受け取った場合、餞別のお返しは速やかに行う必要があります。
引越しにおける餞別のお返しは転居してから生活が落ち着いたことに行うのが普通ですが、地域や世代によって具体的な異なります。
そのため、引越しを終えたらすぐにお礼状を送り、後日に改めて餞別のお返しを行うのが最も無難な対処法です。
餞別のお返しは受け取った金額の半額程度が一般的な相場とされていますが、お返しは餞別に対するお礼の気持ちなので慣習にこだわらずに気持ちを込めて贈るのが近年の主流です。
その一方で極端に高額なお返しは相手に余計な気遣いをさせてしまう原因になるので注意します。
貴金属やブランド品などは高級品である他に好みの差が激しいので避けます。
餞別のお返しは日用品や消耗品など、年齢や性別に関係無く誰でも使える物を選ぶのが最適です。
安価なギフト用品を選ぶ方法もありますが、引越しに関係する物を選ぶように心がけます。

スポンサードリンク

引越しで餞別を受け取った場合は金額の多少に関わらずお礼を述べ、お返しをするのがマナーです。
餞別のお返しは受け取った金額に応じて内容も変わるのが普通なので、それぞれの金額に適した物品を贈るように心がけます。
また、引越しによって居住地が変わると餞別のお返しをする際に生じる送料についても考慮する必要があります。
お返しの送料はあくまで引越しを行った側が自己負担するものなので、送料に応じてお返しのグレードを下げないのが常識です。
儀礼的な意味で餞別のお返しを断るケースもありますが、一切の挨拶も行わないのは却って失礼にあたります。
そのため、引越しを終えたら必ずお礼の連絡は行うのが社会人として大切な心得です。
お礼の方法は手紙による挨拶が従来では主流でしたが、近年では電話やメールで簡易的に済ませるケースが増えています。
相手の年齢層や価値観を考慮して、最適な方法でお礼を述べるのが人間関係を円滑に保つ工夫の一つです。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加