餞別へのお返し

餞別へのお返しのポイント

スポンサードリンク

 遠くに旅立つ人に対して送られる金品のことを「餞別」と言います。
その為、転勤や退職、引越しなどをすることにより、疎遠になるような場合に贈られるものです。
餞別を贈られた場合には、お返しをするのが一つのマナーと言えます。
餞別へのお返しをするという場合には、どのような品にするのかということも大切ですが、お返しをするタイミングも大切です。
タイミングを誤ると、失礼になってしまう可能性があります。
餞別へのお返しは、自身の生活が落ち着いた頃に行うようにしましょう。
しかし、遅くなりすぎても、失礼にあたるため、贈られてから1か月以内にお返しをするようにしましょう。
餞別へのお返しでお金を贈るという場合には、高額のお返しでは相手に気をつかわせてしまう可能性があります。
そこで、そのようなことを防ぐためにも、いただいた金額の半額から3分の1程度の金額が一つの目安となるでしょう。
また、お金ではなく、近況報告などを書いたお礼状も出すようにしましょう。

スポンサードリンク

餞別へのお返しでお金ではなく、品物を贈るという場合には、誰でも簡単に購入することが出来るようなものよりも、その地域ならではの名産品やお菓子などが好まれる傾向にあります。
個別包装されているものであれば、贈られた側が分けやすいということもあり、喜ばれる傾向にあります。
親しい人に対しての餞別へのお返しでは、食べて無くなるというような物の他にハンカチやハンドクリームなど、普段から使うことが出来るようなものを選ぶようにしましょう。
餞別へのお返しで品物を贈るという場合には、紅白の蝶結びの水引きで表書きは御礼やお礼と書くようにしましょう。
餞別へのお返しにのしをつける必要はありません。
なお、餞別へのお返しはこれまでお世話になった人に対して、お礼の気持ちを込めて贈るものであるということを意識しながら、品物などを選ぶようにすることをおすすめします。
最近では、メールや電話でお礼を済ませるという人も少なくはありませんが、手書きの手紙の方が気持ちが伝わるでしょう。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加