暑中見舞い 例文 上司

暑中見舞いの書き方の例文【上司編】

スポンサードリンク

暑中見舞い 例文 上司
社会人になって今年はお世話になっている上司への暑中見舞いはがきを出そうと思っている方、いざ暑中見舞いはがきを前にするとなかなかペンが進まないのではないでしょうか?
書き方のルールや、マナーなど不安でいっぱいかもしれませんがポイントを抑えることで安心して暑中見舞いはがきを送ることができますよ。
暑中見舞いはがきの基本の書き方の流れを抑えましょう。
1 定番の挨拶文
2 相手の体調はいかがかな~?と健康を気にする言葉
3 一言近況報告
4 締めの一言
5 日付
この流れをまずおさえておくといいですね。
挨拶文は「暑中見舞い申し上げます」。
そして次に続く言葉は上司相手に送るのであれば、少し言葉選びが必要になります。

スポンサードリンク

・厳しい暑さが続いておりますが、ご健勝のことと存じております
・猛暑が続いておりますが、ご家族の皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます
自身の近況報告文では休暇をとっている方は感謝の気持ちや様子を記すといいですね。
・おかげさまで、夏休暇で家族を連れて旅行へ連れて行って参りました
・このたびは忙しい中に休暇をいただきまして大変感謝しております
上司ということは仕事への熱意を伝えておくのもいいかもしれません!
・今夏も一層の努力を重ねていく所存です
・休み明けはより一層の努力を重ねていく所存です
最後の締めの文で暑中見舞いはがきを完成させましょう。
・酷暑のみぎり、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。
・変わらぬご指導、ご鞭撻をよろしくお願い致します。
最後に日付は「平成△△年 盛夏」でばっちりです。
紹介した文を参考にあなたらしく暑中見舞いはがきを送ってみてはいかがでしょう?

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

暑中見舞いの書き方の意外なマナーとは!?
餞別のマナーについてです。
暑中見舞いはがきの書き方の意外なマナーとは!?
餞別のマナーについてです。
暑中見舞いの書き方のマナー【先生編】
餞別のマナーについてです。
暑中見舞いの書き方の例文【友人・友達編】
餞別のマナーについてです。
暑中見舞いの書き方の文例【引越し編】
餞別のマナーについてです。