暑中見舞い文例  例文 お客様

暑中見舞い文例  例文 お客様

スポンサードリンク

 今回は暑中見舞い文例や例文について、お客様当宛てに送付する場合です。
暑い夏の時期にいつもお世話になっているお客様に改まって普段の感謝の気持ちを伝える絶好のチャンスが訪れます!
それが「暑中見舞いはがき」
普段顔を合わせているお客様にゆっくりと挨拶ができない方も、暑中見舞いはがきで普段の感謝の気持ちを伝えましょう。
ただ、親戚や友人・知人に送る暑中見舞いはがきと同様の書き方では少し違和感を感じます。
お役様宛に送る暑中見舞いはがきの例文を紹介しますね。
【暑中見舞いはがきの書き方】
1 定番の挨拶文
2 相手の体調はいかがかな~?と健康を気にする言葉
3 一言近況報告
4 締めの一言
5 日付
普段出している暑中見舞いはがきの文の流れはこのような流れだと思いますが、お客様宛となると形式が変わるので注意しましょう。

スポンサードリンク

「暑中お見舞い申し上げます」この挨拶文の後にお客様宛に出す場合は
「平素は格別のお引き立てにあずかり厚く御礼申し上げます」この一文を必ず書きましょう。
そして健康を伺う言葉は基本使いません!
お礼の言葉の後には、夏季休暇など自身のお店のオープン情報を記します。
「夏期休業:○月○日(○)〜○月○日(○)」などせっかく足を運んでもらってもお休みだったなんてことにならないように営業状況を記しておくことも大事です。
また、セールを行う際などの状況も提供しておくとお客様は助かりますよね?
「当店ではサマーセールとして ○月○日 〜 ○月○日 の期間、全品50%OFFの特別価格にて販売をいたします」このような文例を参考に暑中見舞いの夏季の営業時間や情報を記載しましょう。
最後に、普段足を運んでいる方への感謝の気持ちを込めて、意欲を表明!
「今後ともなお一層ご愛顧のほどお願い申し上げます」、「従業員一同心よりお待ち申し上げております」
このように暑中見舞いはがきの通常に書き方と少し違いがあります。
抑えておいて欲しいのは感謝の気持ちとお客様のために必要な情報を贈るということですね。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

暑中見舞いの書き方の意外なマナーとは!?
餞別のマナーについてです。
暑中見舞いはがきの書き方の意外なマナーとは!?
餞別のマナーについてです。
暑中見舞いの書き方のマナー【先生編】
餞別のマナーについてです。
暑中見舞いの書き方の例文【上司編】
餞別のマナーについてです。
暑中見舞いの書き方の例文【友人・友達編】
餞別のマナーについてです。
暑中見舞いの書き方の文例【引越し編】
餞別のマナーについてです。