暑中見舞い文例 恩師

暑中見舞い文例や書き方【恩師編】

スポンサードリンク

暑中見舞い文例 恩師
お世話になった恩師への暑中見舞いはがきの書き方、文例を紹介します。
今あるのは恩師のお陰。そんな方もいるでしょう。ぜひ、暑い時期に恩師を敬う気持ちを暑中見舞いはがきで伝えてみましょう。
いざ暑中見舞いはがきを書こうと思った時に基本の書き方があります。
1 定番の挨拶文
2 相手の体調はいかがかな~?と健康を気にする言葉
3 一言近況報告
4 締めの一言
5 日付
暑中見舞いはがきはこの流れで書くようにします。

スポンサードリンク

挨拶文はお分かりのように「暑中見舞い申し上げます」この一言で始め、最後の日付は「平成△△年盛夏」で締めます。
暑中見舞いはがきに拝啓や敬具の言葉はしようしません。
そして恩師あてに出す暑中見舞いはがきのポイントにしたいのは、「今の自分の状況」です。
恩師の健康が気になる気持ちはもちろんです。
「毎日暑い日が続きますが、先生はお変わりありませんか」などの健康を気遣う文の後には、いま自分がどんな環境で頑張っているのか?頑張れているのは恩師のお陰ですのような言葉が何より嬉しいと思います。
文例は「おかげさまで、社会人としての生活にも慣れてきました」、「研修が終わり、修行が始まりました」このような書き方がいいと思います。
最後に「暑さが続きますので、くれぐれもご自愛ください」の言葉で恩師あての暑中見舞いはがきは完成です。
ぜひ、今年はお世話になった恩師に今の近況報告をしながら暑中見舞いはがきを出してみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

関連ページ

暑中見舞いの書き方の意外なマナーとは!?
餞別のマナーについてです。
暑中見舞いはがきの書き方の意外なマナーとは!?
餞別のマナーについてです。
暑中見舞いの書き方のマナー【先生編】
餞別のマナーについてです。
暑中見舞いの書き方の例文【上司編】
餞別のマナーについてです。
暑中見舞いの書き方の例文【友人・友達編】
餞別のマナーについてです。
暑中見舞いの書き方の文例【引越し編】
餞別のマナーについてです。
暑中見舞い文例や例文【お客様編】
餞別のマナーについてです。